CONCEPTコンセプト

B TO Bの百貨店

 世界の情報、アイデア、技術を具体的に繋いで、新たなビジネスを創造する。

環境分析

  1. 昨今、金融機関や行政などでは中小企業のビジネスマッチングが盛んに行われているが、的確なコーディネーター(目利き)が居らず、強力な販売協力も出来ないため、有効に行われていない。合う場所を提供するので、お互いに勝手にやってというスタイル、あるいは退職した普通のサラリーマンなどがコーディネーターになっているが、販路やノウハウに限りがあり、全く機能していない。プロの目利きと強力なトップダウンによる販路紹介が必要である。
  2. ネットだけでの販路拡大、新商品発掘には限界があるし、お互いの強みを活かしたアナログ的な結びつけと実際の営業協力が必要である。
  3. 従来、大手商社がこの役割を果たしていたが、昨今業務を縦割りに細分化して、投資会社に変貌しており、細かなフォローが出来る会社が無くなって来ている。

ドメイン

目利きが出来る各種業界の人間を集め、国内外の有力な商品を発掘し、またいろいろな販路を持つ会社を具体的にマッチングし、実際に販売協力を行う、デジタル+アナログの新しい商社のビジネスモデルを作る。

個別戦略

取扱分野および商品例

5つのセクターに分け、特徴のある商品の発掘とその販路の開拓を図ります。

  1. ヘルスケアセクター

    健康、自然食品、医療・介護分野などの分野

    *各種水素、酸素商材、リハビリ用商材(フィジカルチャージ)、水素・酸素サロンの横展開(モデル店舗:東京健康クリニック/広尾)、電解水装置開発など

  2. ビジネス・金融サービスセクター

    IT、フィンテック、ビジネスソフトなどの分野

    *マルチ決済システム(NIPPON PAY)など

  3. 農業・畜産・水産セクター

    無農薬、自然農法などの分野

    *電解水による家庭菜園向けの無農薬農法の普及など

  4. 機械・装置・プラントセクター

    特徴があり、潜在需要の大きい装置と販路の開拓

    *米国製クラフトビールプラント(American Beer Equipment)、宅配水製造プラントシステム(Norland Int’l)など

  5. 生活産業セクター

    食料、生活消費財、衣料などの消費者に直結する分野

    *沖縄県産もずく、ワタミ製カンボジア産のレモングラスなどの販路開拓など

人材

各種業界のプロを集め、売れるか売れないかの判断を行います。

収益体制

リーゾナブルな口銭体系による、永続的な取引を行えるような商売作りを致します。

サービス

本物の商品の開拓とその開発のための支援をします。
プロによるコーディネートサービス及び販売協力をします。